2020年02月29日

天皇陛下万歳!

"39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 09:19:25.35 ID:dzSpAR2+0
普通に生活して、普通の教育を受けている方なら、聞いたり思ったりする事もあるかもしれません。
 「天皇って何してるの?税金の無駄じゃないの?」
知らなきゃそう思うのも当然。と、いうか教えてもらえないこと自体が異常なんです。
 今回は、まずその話しをしましょう。
まず、天皇陛下が普段なにをしてるかというと、お祈りしてるの。
 「国民が幸せになるように、日本が平和であるように」って。いやマジで。と、いうのも天皇陛下は神主の総長みたいなもので、例えるなら日本神道の法王なのよ。
 皇と兼任だから法皇ですな。なので祈るのが仕事。
「それくらいならいらん」と言う人もいるだろうから、今度は判りやすい価値の話。
世界で一番偉い人って誰でしょ?判りやすく言えば、世界で最も権威のある人。
もっと砕けて言えば、世界で最も地位が高い人。
ぶっちゃけて言えば、皇帝が一番偉い。以下法王、王様、大統領、首相の順に続く。
一覧にするとこんな感じ
皇帝(emperor)≧法王(Pope)>王様(king)> 大統領(president)>首相(premier)
皇帝と法王の間は一応≧にしてるけど、ほぼ=。ちなみに法皇だと皇帝と法皇兼任ですので更に偉い。
で、これを現在の世界情勢に合わせてみると・・・
天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)
っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。
言い方によっては、先に書いたとおり日本神道の法皇なわけだから、ぶっちぎりで偉いともいえる。
ただ、白人にとってはキリスト教以外はどうでもいいので、普通に皇帝(emperor)扱いですな。
そんな訳でエリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、当然アメリカ大統領だって空港へホワイトタイで出迎えます。
ちなみにアメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ。
アメリカ大統領に最敬礼させられるのはこの3人のみといったほうが判りやすいか?
ついでに言うと現存する最古にして最後の皇帝。文化的にも世界遺産並。そんな偉い人が国を行き来するもんだから外交っていうのは、外交官1000人分の威力があるとか言われるわけです。さすがに相手も気つかうしな。
私見で言えば、世界的権威のトップ2の中にキリスト教徒ではない、しかも黄色人種がいるということは、世界の人種・宗教のパワーバランスにおいて、大きな価値があるとも思ってます。
天皇陛下いなければ、名実共に白人+キリスト教徒が一番偉い。ってなことになってしまうしね。
英国女王やアメリカ大統領でさえ敬う(うやまう)ってのに、当の日本人ができないってのはどうよ?
posted by . at 17:31| ネタ/情報

2020年02月28日

まったくだ。

壊れてから直そうとしないで下さい。
もう直りませんから。
普段からメンテナンスすることが大事なんです。

恋人と破局寸前までいってから、謝っても遅いです。
反省しても遅いです。
泣きついても意味がありません。

部下が鬱になってから、不満を聞いても遅いです。
改善案を出しても遅いです。
心配しても意味がありません。

日々良い関係を維持すること以上に大切なことはありません。
壊れたものは直らないんで。


posted by . at 07:59| ネタ/情報

温泉街のジレンマ

都会の人は手付かずの自然を見て心と体の疲れを癒したいと考えて温泉地や保養地などを訪れる。例えばイタリアのトスカーナなどではこの欲求はどんぴしゃで満たされるのだが、日本の田舎を訪れると街道沿いを埋め尽くす温泉宿や牧場のうら寂れた看板にゲンナリさせられることになる。

なぜこういうことが起こってしかも是正されないのか?

ここには一種のナッシュ均衡が働いている。

街道沿いに何も無かった時代に初めて掲出された看板はそれなりに効果を発揮しただろう。そして他の旅館や牧場がそれを見て同じように看板を掲出しようと判断したのもごく合理的だ。そしてそれを繰り返すうちにだんだんと街道は看板で埋め尽くされるようになる。

看板の数が増えてくるとアテンションのシェアは減るため、目立つことを狙って表現はドギツく、文字は大きくなって全ての看板が似たような表現に収斂していく。看板の数を減らそうにも個々の温泉宿や牧場にとっては看板を自分だけ下ろすメリットは無いので結局看板の数は減らない。結果として風景そのものは破壊されてしまい、全体としての集客力は大きく毀損してむしろ看板を出す前より客足は落ちてしまう。

これが温泉街のジレンマだ。

このジレンマは広告およびその手法の持っている合理性が内在させている矛盾点をあらわにしている。日本の広告も、温泉街のジレンマと同じ状況に陥っている可能性があるのではないか。


posted by . at 07:57| ネタ/情報

2020年02月26日

餅は喉ごし、かまずに楽しむ 山形・河北町「つかえたら除名」

https://news.livedoor.com/article/detail/17861605/
餅をかまずにのみ込む「溝延一升宝餅保存会」の会員。
 餅をかまずにのみ込む風習を伝える山形県河北町の「溝延一升宝餅保存会」が23日、年1回の総会を開き、50〜80代の15人がピンポン球ほどの餅の「喉ごし」を楽しんだ。会には「喉につかえて心配をかけたら除名」との規約があるが、引っ掛かった人はいなかった。
 会員の妻らが8升の餅を手際よくちぎり、男性らが大根おろしの搾り汁や納豆を混ぜたものに漬けて次々と口に運んだ。
 保存会によると、この風習は遅くとも江戸時代から続く。会員の鈴木利一さん(71)は「かむとうまくない。ビールをかむ人がいないように、この辺で餅をかむ人はいないよ」と笑った。

バカな風習を「過去の貴重な遺産」と銘打って続けるキチガイども。江戸時代の辻斬りを文化として継承しないでくれてよかったわ。
posted by . at 20:34| ネタ/情報

国会内、マスク姿少なく…先輩議員に遠慮、官僚は「忖度」?

https://news.livedoor.com/article/detail/17873828/

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に正念場を迎える中、2020年度当初予算案の審議が進む国会では、マスクを着用していない議員がほとんどだ。「先輩議員の前では着けにくい」と、着用が失礼と考える議員も少なくなく、官僚も議員に対し遠慮。25日に策定した政府の基本方針は、マスク着用を含む「せきエチケット」の徹底を呼び掛けるが、国会内では相反する光景が広がっている。

 衆参両院の規則では、帽子や襟巻きなどの着用は原則禁止だがマスクは禁止していない。だが、25日の予算委員会では委員会室に入る前にマスクを外す議員が散見され「委員会室では他の議員が外しているので着けにくい」と話す与党議員もいた。こうした“同調圧力”は官僚も感じているようで、国会内で待機中の官僚も「先日マスク姿だったら(議員に)嫌そうな顔をされてしまった」とマスクを外していた。

 ある与党のベテラン議員は「せきもくしゃみもないので自分にマスクは必要ない」と言い切るが、基本方針は「せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある」と指摘。拡大防止にはここ1、2週間が肝と言われており、国会議員にも対応が求められる。(下村ゆかり)

西日本新聞


もう、いっそのこと、国会議員や官僚は全部新型肺炎を悪化させてくたばっちまえばいいんじゃないですか?

国のトップや国を動かす連中がこんなに馬鹿だとはね。いや、知ってたけどね。いらねーよ、お前ら。存在する必要なし。税金返せクズが。

老害は生物兵器「武漢ウイルス」で全員駆除されちまえ。

そして河野太郎氏を総理に、ひろゆきを副総理に、かっちゃんを厚労大臣に、ホリエモンを文科大臣に、指原を官房長官に!
posted by . at 11:27| ネタ/情報

2020年02月22日

尾畠春夫が東京〜大分間徒歩の旅に挑んだ理由

https://www.fnn.jp/posts/00049920HDK/202001261200_tos_HDK

こういう老人は国の宝。

こういう年の取り方ができない老害はタヒんでくれ。今すぐ。

お前が生きることなんざ誰も望んじゃいねぇよ。
posted by . at 16:33| ネタ/情報

2020年02月21日

宇野常寛が「SNSで人を叩く人はバカになる」と語る理由

本当にそう思う。

サノ:「インターネットで発信するほどバカになる」って、いったいどういうことなのでしょうか? 僕らがニュースや世の中で起こってることについて考える時間って、SNSのおかげで明らかに増えた気がするんですけど…

宇野さん:たしかに、インターネットで個人が発信できるようになったとき、多くの専門家は「発信能力を得ることで、人類は前に進める」と信じていたんですよ。単に情報を受け止めるだけじゃなく自ら発信することで、より深く、多角的にものを考えられるようになるだろうって。

サノ:ですよね!? むしろ僕たち、賢くなってるんじゃ…!?

宇野さん:いや、残念ながら多くの人は確実に愚かになってますよ。僕らは予測できていなかったんです。インターネットがこれほどまでに人間を“思考停止”させてしまうなんて。ただ、まだすべての人がそうなってしまったわけじゃない。

宇野さん:「バカになるSNSの使い方」は大きく2つあるのですが…まず、SNSを「人を叩くこと」に使ってる人たちは、確実にバカになっていきます。今のTwitterって、“目立ちすぎた人や失敗してしまった人にうまく石を投げた人間がたくさん座布団をもらえる大喜利”で埋め尽くされてますよね?

サノ:うわ…めっちゃわかるわこれ…

宇野さん:彼らは自分を肯定するために、週に1度誰かが池に落ちるのを待っては、石を投げて「自分もあいつよりはマシな、まとも側の人間だ」と安心しているんです。たとえば、タイムラインの潮目を読んで、「これは叩くのが多数派だろう」と…つまり必ず勝てると判断できた瞬間に、池で溺れてる人に安全地帯から嬉々として石を投げ始める人、よく見かけますよね?

サノ:たしかによく見る嫌な光景だ…でも、どうしてそれをすることで「バカになる」んでしょうか?

宇野さん:そういう発信を繰り返している人って、どんなニュースが流れてきても、「YESかNOか」の2択でしか価値判断ができなくなっていくんですよ。態度表明すること自体は大事なのだけど、「今、世間的にはどっちに賭けると自分はよく見られるか」を「問題そのものを解決する」ことよりも優先して考えてしまうようになる。結果として、SNSで人を叩いて安心してる人は、物事の本質を見抜いたり、解決したりする力を失ってどんどんバカになってるんですよ。

サノ:たしかに闇営業の問題とかも、「どう再発を防ぐか」とかより「あいつを許すな!」みたいな感じだったよな…

宇野さん:そして、「自分にとって都合のいい情報だけにアクセスしている人たち」も、バカになっていきます。「見たいものだけを見て、信じたいものだけを信じていたい」というのは有史以来人間が精神を安定させるために続けてきた特性ですが、情報に一瞬でアクセスできるようになったことでこの傾向により拍車がかかってしまった。

サノ:ああー…! それは僕も少し気をつけなきゃいけないかも…

宇野さん:これは、本人は自分の意見が補強されて“また一つ賢くなった”と勘違いしがちなんですが、結局は何度も似たような情報にアクセスして、「自分は正しい、大丈夫だ」と安心しているだけ。知識も考え方も全くアップデートされないので、頑固で柔軟さのない思考回路になってしまうわけです。

宇野さん:結論、発信するほどバカになる人って、インターネットを「考える」ことから逃げて安心するための装置としてしか使えてないんですよ。他人に石を投げるのも、都合のいい情報しか見ないのも、ようは「今の自分のままでいい」と安心したいだけ。これを「考えている」というのは、さすがに違和感がある。もはや、「考えないためのインターネット」とすら言っていいと思います。

サノ:今、多くの人がSNSを手軽な精神安定剤としてしか使えていないこと、それが思考力を奪っていることはよくわかりました。では、そこから抜け出すにはどうすればいいんでしょうか?

宇野さん:はっきり言ってしまうと…「見たいものを見て信じたいものを信じる」という人間の習性は、この先も変えていくことはできないと思うんですね。

サノ:えっ…

宇野さん:ここまで読んで「安易にインターネットを乱用しちゃダメだ」って頭でわかったうえで、その快楽に打ち勝てない人はどうしても一定数いると思うんですよ。僕は、ダメだとわかりながら目先の快楽に打ち勝てない人には、「そういう人生がいいならそれでいいんじゃない?」…としか感想が浮かばないです(笑)。そういう人をなるべく減らすことと、そういう人たちの世の中への影響力をなるべく下げるための工夫がいると思うんですよね。

宇野さん:だから僕は、「今のネットのあり方に違和感を持っている潜在層の人たちの戦闘力をどう上げていくか」を考えたいと思ってるんです。読者の方々のなかにも、誰かを叩いたり、盲目的に自分の都合のいい意見だけを取り入れたりする空気感に抗いたいと思ってる人たちが、少ならずいると思う。

サノ:たしかに、あの殺伐とした空気感に参加するのが嫌でSNSをやめたり、見る専門になったりしてる人たちって、僕らの世代にもけっこういる気がします。

宇野さん:そういう潜在層が今後どっちに流れるかで、これからのインターネットのあり方は大きく変わっていくと思います。だから僕はそんな人たちに、今のインターネットから抜け出す“武器”を渡したいんです。

宇野さん:僕は今後、深く、本質的な思考ができる「遅いインターネット」をコンセプトにしたウェブマガジンと、併設するワークショップの両輪で、潜在層の人たちに「読み書き」を中心とした武器を渡したいと思っているんですが…

宇野さん:ひとつめの武器は、「人についてはSNSで書かない」と決めること。

宇野さん:「ホリエモンがいいか、悪いか」には一切触れずに、「ホリエモンの語ってるシェアリングエコノミーがどうか」についてだけ書いてみるようなイメージです。「人ではなく、モノやコトについて書く」という縛りのなかでTwitterをやってみてください。これだけで、全然変わりますから。

サノ:たしかに、「モノ・コト」縛りにした途端、Twitterめちゃくちゃ建設的な世界になりそうだな…(笑)。

宇野さん:あと、ここで肝心なのが「人」には「自分」も含めてください。自分がどう見えるかを気にし始めた途端、「モノ、コト」が自分をよく見せるための道具に成り下がって、本質についてまったく考えられなくなってしまうので。だから僕は、「セルフブランディング」って言葉に飛びついてる人も本当に嫌いです(笑)。

宇野さん:そして、もうひとつ。「モノ・コト」について発信するときには、「0」「1」で考えるのは絶対にやめましょう。

サノ:「0」「1」で考える?

宇野さん:たとえば僕は以前、「僕は今回の選挙で政党Aに投票したけど、政党Aのこの点についてはダメだと思ってる」と発信したら、政党Aの支持者からものすごい攻撃を受けたんですよ(笑)。同じ政党の支持者なのに…?

宇野さん:そういう人たちは、「0」「1」の価値観…つまり、自分が信じたいものは100%肯定して、その敵に当たるモノ・コトのことは100%否定する価値観で生きているんです。だから、俺が支持してるこの政党に部分的にとはいえNOを突き付けるというのはお前どういう了見だと攻撃を仕掛けるわけですよね。僕が「どっちもどっちだよ」と言って何も選ばなかったり、「どれも似たようなものだ」と態度表明を拒否しているなら、また別の観点から批判されても仕方ないと思うのだけど、僕は「相対的にAがいいと思う。でもAのここは変えてほしい」としっかり態度表明したうえで建設的な批判を述べたつもりなんです。それがダメだと言われたら、もう何も議論ができなくなってしまいます。

サノ:なるほど…

宇野さん:でも、本気で考えた人って、「0」「1」の結論にたどり着くことはまずないと思うんですよ。たしかに僕もその政党を支持したという結果だけを見れば「1」を選んでいるけど、正確には「0.6」とか「0.78」みたいな位置にいるんです。考えれば考えるほど、どの選択肢にもいいところと悪いところは見つかるはず。なので、自分が「0」「1」のどちらかに100%偏ってしまっているときは、その時点で“思考停止”してると自覚したほうがいいと思います。

サノ:自分が支持する意見のダメなところ、対立する意見のイイところを一つも上げられない人は、“思考停止”。これはめちゃくちゃ大事な気づきだ…!

サノ:毎日使ってるインターネットを、なんだか少し前向きに捉えられるようになった気がします。

宇野さん:いろいろキツイことも言ってしまいましたけど、とにかく…今のインターネットって何か息苦しいなとか、セカセカしていて疲れるなと思っている人に、言葉が届いたらいいなと思います。今日もずっと、そういう人に話しかけているので。べつに明日から変わろうとか極端なことは思わなくていいですからね。短期で変わろうとする人ほど三日坊主で終わっちゃうから。すぐ変わらなくていいんです。自分自身もインターネットも、一緒にゆっくり変えていきましょう。


https://news.livedoor.com/article/detail/17850242/

posted by . at 11:27| ネタ/情報

マスク狂騒曲と転売屋

マスク.jpg

マスク2.jpg

需要と供給で価格は決まるが、それにしてもやりすぎ。
posted by . at 10:18| ネタ/情報

2020年02月19日

これを偶然というやつは死んでも地を這うだろう

月は太陽とほぼ同じ大きさに見えるのはおかしい。

地球から見れば、月の大きさは、太陽の大きさとほぼ同じ大きさに見える。

これは、太陽と地球との距離は、月と地球との距離の395倍であり、そして、太陽の直径は、ちょうど月の直径の395倍であるからなのだそうだが、まるで測ったかのようにぴったり同じ大きさに見えるのは不自然である。

宇宙意志を感じる話。
posted by . at 08:12| ネタ/情報

2020年02月17日

なろうどもへ

自分の妄想だけで戯曲、詩の一つも書けると思うなよ
posted by . at 11:28| ネタ/情報

2020年02月14日

はあちゅうさんは今日も元気に世界の中心で自己愛を叫ぶ - 山本一郎

山本せんせーのステキな文章にうっとり。

https://blogos.com/article/436032/

 (前略)
 で、みんなが大好きな作家の「はあちゅう」こと伊藤春香さんがネットで暴れていると聞いて、そろそろ春本番かと思い見物に行ってまいりました。

#metoo の時の丁寧な取材で信頼していたので血液クレンジングについての取材依頼をノーギャラ、写真・原稿確認ナシの条件で受け子供なんとか預けて取材に行ったら

「取材を受けるのは炎上を利用した売名行為ではないですか?」

と聞かれたのはびっくりした&悲しかった。依頼したのそっちなのに…と

 はあちゅうさん、怒ってますね。図星だったんでしょうか。当のBuzzFeedで取材を担当された神庭亮介さんが「そのような発言は一切していません」という大技カウンターをかましてネット民を湧かせており、自己愛による認知の歪みって素敵だなって心から思います。

 もちろん本件は、はあちゅうさんに対して「BuzzFeedの取材を受けたこと」ではなく、「美容などの情報提供を騙って、効果がはっきりしていない血液クレンジングなどニセ医療関連のブログを書いていたこと」について、炎上を利用した売名目的だったのか、と神庭さんがインタビュー中はあちゅうさんに尋ねた、というのが実際のところです。

「BuzzFeedは、さんざんはあちゅうさんを#metooなどの告発記事で利用してきた。なのに、ノーギャラの取材依頼に応じたはあちゅうさんをBuzzFeedは『この女はどうせ売名で取材を受けたんだろ』と思っている」とはあちゅうさんはずっと思い込んでいた、ということがこの内容で分かったのは大変な収穫です。それ、完全に勘違いですよね。

 と思ったら、今度は私に向かってはあちゅうさんがうんこを投げて来られました。

ちなみに宋美玄先生とは面識がないのですが、以前、山本一郎さんと一緒になって、ツイッター上で私の二の腕が太い、などの容姿批判をしていたので、何年も前からブロックしています。容姿で殴ってくる人、好きじゃないので...。


 私、そんなこと言ってねーよ。

 検索で見返したら、6年半ほど前のはあちゅうさんの書き込みを私がリツイートし、それを女医の宋美玄さんが被せて言及しただけであることが分かりました。それ書いたの、私じゃありません。はあちゅうさん自身ですよ。酷い。酷すぎる。

私の知名度なんてかなり限定的なものだけど、知名度がつくということは毎日毎日会ったこともないモテなそうなおっさんに、お前の言ってることはいいとか悪いとか老けたとか顔がでかいとか二の腕が太いとかバカだとかセックスさせろとかしたくないとかいろいろ言われるもんなんだなぁ。


 ご覧の通りです。お前が自分で書いたんや。

 きっと太ましい二の腕に悩んでいるのは図星なんでしょうが、この流れでいくと、二の腕を揶揄したのが私になっている以上、はあちゅうさんのツイート内にある「会ったこともないモテなそうなおっさん」とは私を暗喩している可能性が俄然高まります。しかしながら、私がはあちゅうさんに「セックスさせろ」などと言うはずもありません。

 そうでなくても、はあちゅうさんは「教えてハゲの人ヽ(・∀・)ノ→ハゲは何故独特な髪型でハゲを隠そうとするのかwwwwwwwwwwwwwwwwww」とか「電車で隣に座ったデブがあたたかくて幸せでした…。デブは冬が旬です」などと、結構平気でいろんな暴言をお放ちになられます。その誉れ高いお人柄から繰り出される鋭角のクソの投げ込みが芸術的だからこそ、はあちゅうさんは人気なんですよね。わかりますわかります。

 やっぱこう、他人にクソを投げておいて、他人からクソを投げられるとクソまみれになって「クソだらけになった! 傷ついた!!」と怒るあたりがはあちゅうさんの優れた作家性の源であり、人気の秘訣であると言えるでしょう。自らクソまみれになっておいて「責任は自分にはない。虐げられているのだ」と主張する、まさに「プロ被害者」のようであります。

 先日も、不用意にはあちゅうさんご自身の生まれて間もないご子息の可愛らしい動画をアップしたところ、一見ぐったりしているように見えなくもないため児童虐待をネット上で疑われて通報が殺到し、ご自宅に心配した警察官が3人やってくるというネタがありました。

 第三者的には、この児童虐待を疑わせる動画で警察官が訪問したことが事実なのかもはっきりしませんが、さっそくワイドショーネタになるや、これまたほうぼうで馬鹿にされて可哀想です。

 さらには、かつてはあちゅうさんに取材に来たライターの女性に対して、はあちゅうさんが名刺を出して挨拶しなかったことを「失礼である」と実名暴露されておりました。これを受けて、逆にはあちゅうさんが怒って「お金のために、嫌いな私に取材しなくちゃいけなくて申し訳ありませんでした」と反応。いや、名刺を出して挨拶しないから無礼なんじゃないのと言われているだけであって、誰もお金のために働いているとも、はあちゅうさんが嫌いだとも書いてないから、と総ツッコミを受けておられて素敵です。

 言われてもいないことを拡大解釈して怒る。これがはあちゅうさんの薫り高い芸風のブレない根幹にあります。

(中略)

 しかしながら、私たちがなぜはあちゅうさんが好きで、その行動一つひとつを愛しているかというと、面白いからです。まさに「人生コンテンツ」、自らを燃やして暗い世の中を照らしてくれているのだ。そのように思います。

 そして、おおいにやらかしてくれる。そのやらかす余計なことが概ね時代の最先端で起きる罠ばかりに引っかかるからです。はあちゅうさんがお薦めしなければ血液クレンジングなんて知ることはなかったかもしれないし、アダルトビデオの第一線で頑張っている人の考えや哲学に触れることもないでしょう。

 はあちゅうさんが次々と世の中の地雷という地雷に吸い寄せられ、その愛らしい御足で地雷を踏み抜き爆炎が上がるたび、あ、あっちに現代社会の地雷があった、こっちにも地雷がある、大変だ、これは危険だ、と知ることができます。しかもどんなに大爆発しても本人は概ね無事であるため、やはり適切な距離を取り、美しき女傑・はあちゅうさんの猛勇ぶりを見学するのが慎みある大人の取るべき態度であると、私は思っております。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

*蛇足ではありますが、(何度も書いておりますが)はあちゅうさんご出産おめでとうございます。はあちゅうさんの子育て奮闘ぶりは遠くから見ている、4人の子の父親である私からしても微笑ましくも素晴らしいと思っております。ただ老婆心ながら同じく育児をする者として、なるだけお子さまについては、いくらご自身が「人生コンテンツ」と割り切っていたとしても、育児ネタで売名だカネ稼ぎだと思ってないでしょうが、もう少しお控えになったほうが良いのではないかと思いました。

(山本 一郎)

posted by . at 12:39| ネタ/情報

2020年02月13日

いいぞひろゆき!

https://getnews.jp/archives/2399021

男女平等というのは、性別による差を無くすことだと思ってるひろゆきです。

先日、ハフポストの取材のときにも言ったのですが、男女平等を目指してるように見せかけて、特定の性を優遇するのを求めてる人は差別主義者だと思っていたりします。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e3cb7f5c5b6b70886fd0627 [リンク]
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e407665c5b6bb0ffc130fde [リンク]

「平等主義者だよ」ってなことを言ってる人を見掛けますけど、そういう人が「男性専用列車をつくれ」と言ってるのを聞いたことがなかったりします。
個人的に、電車に乗るときは、両手でつり革を握るようにしてたりするのがめんどくさいので、男性専用列車があったら喜んで乗りたいと思ってます。
「女性は痴漢が云々」というのであれば、男性で痴漢に会う人の被害は放置していいという性差別だと思います。

日本だと、「レディースデイ」みたいなのがありますが、アメリカで「白人だけ割引」とかやったら、とんでもないことになるわけで、特定の人種や性だけ優遇するというのは差別です。

「ジェンダーギャップ指数」という男女の差の広さを示す指数が問題だという人はいるのですが、「レディースディを辞める運動を一緒にやりましょう」とか「男性専用列車を作る運動に参加してください」って言ってる女性運動家を見たことがないです。

本当にジェンダーギャップを改善するのが目的であれば、「レディースディ」を辞めることで少し改善するわけです。
んでも、「レディースディを辞める運動」をしたくないってのは、「レディースディ」という特権は手放したくない差別主義者の考えだと思いますよ。。。と。

フェミニストと名乗る人が、本当に男女平等を目指しているのであれば、「レディースデイの撤廃」や「男性専用列車の実現」に賛成してくれると思うので、その切り分けをしたくて書いてみました。

お返事お待ちしておりますー。
https://twitter.com/atsukotamada
https://twitter.com/ishikawa_yumi
https://twitter.com/kambara7
https://twitter.com/KTB_genki

上記の方々が、賛成や反対以外の、男性の今までの行動が云々とか過去の経緯が云々とか誤魔化すのを想定しています。

もし、差別主義者でないのであれば、賛成か反対かのお返事を頂きたいです。
差別主義者であれば、無視するなり、質問と全く違うことを返答するなりお好きにどうぞです。
posted by . at 08:07| ネタ/情報